FC2ブログ

記事一覧

いいかげんなPIC入門講座[No.5 - 1602LCD]

今回はLCD(液晶ディスプレイ)の使い方です。一口にLCDと言っても形や接続方法様々ですが、今回はこの↓ような、「1602」なLCDを扱います。1602というのは16文字×2行のことで、英数及びカタカナを一度に計32文字表示できます。秋月電子をはじめとした多くの店で1枚数百円から買うことができ、入手性は高いはずです。電源以外は2線のみで接続するI2Cという接続規格のものもありますが、今回はデータを8線使って送る仕様のものを扱いま...

続きを読む

いいかげんなPIC入門講座[No.4 - PWM]

今回はPWM(Pulse Width Modulation)について書きます。コンピュータは基本的に0か1かの世界ですが、ハードウェアを実装するにあたって半端な値を出力したくなることもあります。そこで、1と0を高速で切り替えることで、均せば半端な値と見ることができる出力をするのがPWMです。電車なんかで言うところのチョッパ制御、雑に言えば高速Lチカです。ここでは電飾のことを考えているので、LEDを高速点滅させてみましょう。目安として、...

続きを読む

いいかげんなPIC入門講座[No.3 - Lチカ]

電子工作におけるhello worldとして、Lチカを行います。別にわざわざ新規に記事を書かなくてもいいかなと思うくらいには作例がたくさん転がってるので、困ったらググってください。あと、少なくともなんらかのプログラミング経験があることは前提とさせてください。Lチカ、つまりてきとうな周期でLEDを点滅させる制御のためには、さしあたりGPIOの出力ができさえすればいいので、そのために必要な命令を説明して行きます。IDEを開...

続きを読む

いいかげんなPIC入門講座[No.2 - デバイスオーバービュー]

目次はこちら今回だけはちょっと理論的な部分を扱います。実用に際しては読み飛ばしてもらって大丈夫だと思います。PICはワンチップマイコンとして、ピンの柔軟なI/O割り当てにより多様な機能を実現しています。とか言うと厄介ですが、要するに、ピンの電圧を読み取る入力機能と、ピンの電圧を変化させる出力機能があるにすぎません。その制御がどのように行われているのかという点について、石の中の仕組みを少しだけ見てみようと...

続きを読む

いいかげんなPIC入門講座[No.1 - 必要なもの]

目次はこちら下準備です。ここではPIC12F683を例として使います(12F系8pinPICの中では高機能でお気に入り)。↑刻印がかすれてますが……ソフトデータシート(仕様書。要するに説明書)を入手してください。公式や、秋月通販から落とせますC言語で書く方はMPLAB X IDE(統合開発環境。プログラミングを行うメインのソフト)と、XC8(コンパイラ。マイコンに書き込むために変換作業を行う)をダウンロード(ページ下「アーカイブのダウンロード...

続きを読む

いいかげんなPIC入門講座[No.0 - はじめに]

マイコン制御ってなに?僕は、電飾をするにあたってPICというマイコン(マイクロコントローラー、制御用IC)を用いています。PICそのものについては次項で書くので、マイコン制御そのものについて。電飾にあたってマイコンを用いるメリットは大きく3つです。1.配線の簡素化通常、LEDを発光させる回路を作る際には、「電流制限抵抗」を組み込んだ設計が必要になります。これは、過電圧による素子の破壊及び過剰な電流を防ぐことを主な...

続きを読む

いいかげんなPIC入門講座[No.X - 割り込み(と、タイマ)]

目次はこちらリクエストがあったのでいきなり「割り込み(Interrupt)」の話です。割り込みとは実行中の処理(≒main()関数)を中断して、割り込み処理(=__interrupt function()関数)を実行する機能です。行儀よく窓口に並んでいる日本人の列を通常の処理とすると、我が物顔で一番前に横入りしてくる中国人が割り込み関数です。中国人の放り込み方と、中国人に我儘を言わせる方法……ではなく、割り込み処理を発動するための設定と、割り...

続きを読む

プロフィール

富士宮 倆

Author:富士宮 倆
Belong to:東大模型部
Contact me!:@JA238F
Donation plz!!:Wishlist
Executing circle:i2for.me
Fabricator's Booth:i2forme.booth
Graffiti for pleasure:pixiv
How am I progressing?:進捗ノート

このページのトップへ