FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.カラー LASCIVUS(ラスキウス)クイックレビュー

待ちに待ったアレがついに本日販売開始!


GSIクレオスの、Mr.カラー LASCIVUSシリーズ、キャラクターフィギュア向けの肌色塗料です。
CL01 ホワイトピーチ
CL02 ココアミルク
CL03 クリアーペールレッド
CL04 クリアーペールオレンジ
CL05 クリアーペールブラウン

010_20181030195459_698.jpg

瓶生はこんな色です。ココアミルクは結構灰色っぽい感じ。
010_20181030221117_703.jpg

さしあたり、「CL01 ホワイトピーチ×CL03 クリアーペールレッド」の組み合わせで試し吹きして、手早くレビューします。あくまでパパッと使った感触ですのであしからず。じきに加筆します。

左:No.112 キャラクターフレッシュ(2) / No.111 キャラクターフレッシュ(1) + クリアーレッド少量
中:CL01 ホワイトピーチ
右:No.112 キャラクターフレッシュ(2) / CL01 ホワイトピーチ
010_20181030213928_699.jpg
左は比較用の従来色。右は今まで通りのサフレス塗装の方式である、「赤系の下地色の上に肌色」という塗り方を試したもの。
いずれも白色レジンに塗装、希釈溶剤はガイアのプロユースシンナーです。
中央、CL01 ホワイトピーチ原色は、比較的黄色め、隠蔽力は標準的です。つやが残っているというのもあって、美少女フィギュアプラモのプラ成型色のような印象(あくまで印象の話で、同化するレベルで同じ色ではないです)。右の赤下地+肌色レイヤーは生々しいですが若干重い感じになりました。

続いて、中央と右にCL03 クリアーペールレッドでシャドウを入れました。
010_20181030214621_700.jpg
中央はつやが強く、エッチな漫画の派手目なカラーイラストのような塗りになりました。右は赤味が強すぎて情報量過多な様子。

最後に、艶消しクリアーをかけます。
010_20181030215340_701.jpg
中央は透け感と鮮やかさを持った明るい仕上がりに。右も、透明感はありませんが、適度に重量感のある仕上がりで悪くはないです。


現時点での結論を言うと、白レジンの上から素直にベース色とオーバーコートを塗装する中央のパターンがやはりベストです。
従来のキャラクターフレッシュは、二層重ねて使うと隠蔽力が強すぎてサフレスの効果が得づらいですし、キャラクターフレッシュ(1)が白っぽ過ぎるためクリアーレッドやクリアーイエローの添加で毎度調色する必要がありました。
その点ラスキウスは、そのまま塗り重ねていくだけで透け感と発色の良さが両立されたフレッシュカラーを作れるので優秀だと思います。デジタルイラスト(要するに萌え絵)と同様の乗算レイヤーによる陰翳表現を実現できるので、キャラクターフィギュアとしての説得力を持たせられるというのも納得です。

手軽に美しい肌色を手に入れられますし、他の色も含めしばし研究して楽しめそうです。

おまけ
010_20181030215558_702.jpg
左の従来色見本として使ったやつ、彩度が低いのが気になって放置していたのですが、CL03 クリアーペールレッドをオーバーコートしたら血色を取り戻しました。完成品フィギュアや、成型色仕上げ、あるいは過去作ったものでも、肌の色味をちょこっと弄りたいときにもオーバーコート色は便利かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富士宮 倆

Author:富士宮 倆
Belong to:東大模型部
Contact me!:@JA238F
Donation plz!!:Wishlist
Executing circle:i2for.me
Fabricator's Booth:i2forme.booth
Graffiti for pleasure:pixiv
How am I progressing?:進捗ノート

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。